Recruit

自分の携わっているブランドを世界に通用するブランドに育てたいと思っています。

古河 雄樹

ブランド長 / 株式会社グリップインターナショナル
(2014年入社)

インタビュー

Q1.これが私の仕事

「ロサーセン」というブランドのブランドリーダーをしております。
営業、企画、生産、販促、宣伝など、ブランドビジネスに必要なあらゆる要素に携わり、方向性を決めて、各部門のマネージメントを行います。最終的にブランドがお客様に広く知られるようになり、ブランドの価値をあげるのが私の仕事です。

Q2.私がこの会社を選んだ理由、ここが好き

若手にもチャンスを与えてくれる環境。
若手にもチャンスを与えてくれる環境が弊社の魅力だと思います。
私自身、30歳でブランドリーダーという責任のある役職に就かせて頂いております。まだまだ経験も知識も先輩方には及びませんが、ブランドに対する想いは誰にも負けない自信があります。若手でも常に高いレベルを目指す向上心と熱い想いがあれば、チャンスを与えて頂ける環境です。

Q3.一番うれしかったことにまつわるエピソード

ゴルフ場でロサーセンのウェアを着ている人が、笑顔で仲間とプレーしている姿を見た時です。ゴルフ場によってはゴルフウェアを着なくても、ルールさえ守っていれば問題ないというところも多くあります。それでも弊社のブランドを選んで頂き、それを着ることで付加価値やステータスを感じて頂ける、それで楽しくプレーして頂いている方を見ると、さらに良いブランドにしていこうという原動力になります。

Q4.将来の夢

世界に通用するビジネスパーソンを目指して。
自分の携わっているブランドを世界に通用するブランドに育てたいと思っています。海外のゴルフマーケットを見ると、ナイキやアンダーアーマー、アディダスなど海外ブランドが多く、日本発のブランドか海外展開できていない状況です。今、ロサーセンでは海外展開に挑戦するために、海外の展示会に出店したり、各国での商談を進めています。いつか自分の携わっているブランドが、世界でも普通に展開されるブランドになることができるよう、頑張りたいと思います。

Q5.この仕事に必要なこと

まずはゴルフと洋服が好きなことが大前提にあると思います。どんな仕事にも共通することですが、色々なことに興味を持ち、チャレンジ出来る精神を持って仕事に臨むと、さらに良い結果が生まれてくると思います。ゴルフウェアに新しい風を吹かせるという弊社の精神に共感出来る方、大歓迎です。

Q6.新卒のみなさんに一言

就職活動を行う上で、自身の本質をもう一度見直して頂き、会社に自分を合わせるのではなく、自分にあった会社を探すことが大事だと思います。自分で生み出した考えや言葉は聞く相手にとって説得力のあるものだと思います。本質や芯を持つことは社会人として仕事をしていく上でも大切なことだと思いますので、みなさまもしっかりと準備をして就職活動に臨んで下さい。

Q7.一日のスケジュール
09:00 出社
全体朝礼を終えてメールチェックとスケジュールを確認。
11:00 部内ミーティング
企画、生産、営業の現状の仕事の進捗を確認と問題点などをヒヤリング。
問題があれば解決に向けての方向性を話合い、各部門の業務がスムーズに流れるようにする。
13:00 商談準備
取引先様へ提案するプレゼンの準備。
16:00 商談
取引先様に訪問し商談。店頭での販売促進方法の提案や、次回展示会に向けてのプレゼンを行います。
18:30 業務終了
訪問先で業務を終了することが多く、その後リサーチを兼ねてゴルフ専門店やセレクトショップなどのお店をチェック。