Recruit

当たり前のことかもしれないのですが、取引先のメーカー様に名前を覚えていただけている時に、自分もGRIPの社員として加わっているんだと実感し、うれしかったです。

蒲田 麻里

企画 デザイナー / 株式会社グリップインターナショナル
(2017年新卒入社)

インタビュー

Q1.これが私の仕事

年に2回行われる展示会に向けて商品の企画をしています。現在はアシスタントデザイナーとして主にサンプルの採寸や仕様書の記入、素材表の作成等アシスタント業務をしています。サンプルの採寸では、採寸することだけでなく、企画に対しての出来上がったサンプルの見方や素材使い、仕様、寸法の感覚を感じ取っていくよう意識しています。
今は分からないことが多々あり毎日学ぶことが多いので、ひとつひとつを丁寧に確実にしていくことで成長していきたいと思っています。

Q2.私がこの会社を選んだ理由、ここが好き

ゴルフウェアのイメージを覆すデザインの商品を見て衝撃を受けたことがきっかけでした。社長や先輩社員の方からお話を聞かせていただき、企画の方法もデザイナーの意思を尊重した企画の場があることを聞き、より魅力を感じました。私もこの新しく面白い挑戦をし続けている一員になりたいと思い、また今まで自分がしてきたことや感覚が生かせると確信し、この会社を選びました。早く一員として力になれるよう、努力し成長していきたいと思います。
また社長の社員想いで気さくなお人柄や社員の方々が本当に優しく気さくに接してくださるところが好きです。

Q3.一番うれしかったことにまつわるエピソード

当たり前のことかもしれないのですが、取引先のメーカー様に名前を覚えていただけている時に、自分もGRIPの社員として加わっているんだと実感し、うれしかったです。
また日々、自分の好きとしている企画の環境で学べていることがうれしいです。

Q4.将来の夢

私らしい企画をしたときにまた新しいインパクトを世界に与えることができたらいいなと夢に思っています。現在担当させていただいているHeal Creekというブランドは海外にも通用するブランドになれると思うので、日本から海外に発信していき日本でも誇りに思われるブランドにしていきたいです。そのためにも今は多くのことを先輩方からしっかりと学んで積み重ねていきたいと思います。

Q5.この仕事に必要なこと

コミュニケーション力だと思います。デザインを考えるだけではそのデザインは服の形にはならないし、売ることもできず、いろんなメーカー様や、生産の方や営業、販売の方など多くの方々がいるからこそ安心してお客様の手元まで届くものになるのだと感じるので、そういった多くの人との関わりにおいてコミュニケーション力が重要だなと思っています。私は本当にまだまだなので、いろんな方々とお話することで力を磨いていきたいと思います。

Q6.新卒のみなさんに一言

今は世の中に本当に多くの会社があるので、この機会にたくさんの会社を見てみてください。その中で、自分自身の考えもまた確立してくると思います。実際に会社の働いている人を見たり、お話をすることも大事だと思います。ありのままに自分の想いを伝えて、人との出会いをまた楽しんでください。

Q7.一日のスケジュール
09:00 出社
朝の清掃前にお茶や掃除機などを準備していきます。
09:20 清掃
毎朝全員で社内を清掃していきます。
09:30 全体朝礼
毎週月曜日は東京のオフィスの方もテレビ電話を通して全員で社内の連絡事項や、各ブランドの店舗の状況など情報共有が行われます。
10:30 デザイン考案
確認サンプルは採寸とデザイナーのチェック後、社内の女性社員の方に試着して頂き、着用感の確認をします。ポケットはもう少し下が良いかもしれないとか、少し衿が硬いなど、生地の肌触りや着心地、動きやすさなど細かいところまで確認していきます。
11:30 サンプルの試着チェック
来年の春夏商品としてソックスのデザインをリサーチしつつ考案。
12:00 昼食
社内の休憩室で先輩方とリラックスしてお話しながら持参したお弁当を食べています。
13:00 部会ミーティング
一週間の店舗の状況共有から、来週は何を強化していくのか、次のシーズンの企画はどのようにするのかなどについて考えています。
14:00 メーカー様との商談に同席
依頼した生地などについて実際に見ながら検討し話し合います。アシスタントとしてどういったことを話していくのかなど学んでいます。
15:00 デザイン考案
午前中の続きでソックスのデザインを考案。
上司に経過を報告、相談させていただきアドバイスをいただきます。
18:30 ~退社
明日の業務の確認をして退社します。時間があるときは寄り道して帰ったり友人と食事に行ったりしています。